起動しないノートパソコンの修理 & SSD換装レポート (ASUS X550L)

友人からノートパソコンの修理依頼を受け、OSのリカバリやHDDからSSDへの換装などを行ったので、そのレポートを書いていきます。

Windows 10が起動しないらしい

この状態でいくら待っても%が進んでいかない模様。恐らく更新プログラムの構成(≒Windows Update)が失敗しているのだろうと予想がつきます。

 

システム修復ディスクを使ってシステムの復元を実行

他のWindows 10で用意したシステム修復ディスクを使い、システムの復元を行います。これによって、システム(≒OSの設定やアプリのインストール状況など)が正常に起動していた頃の状態に戻すことができます。

そのPCには1つだけ復元ポイントが残っており、4か月ほど前の状態に戻すことができました。

 

一応Windowsは起動できたが…

起動直後からかなり重く、起動から3分経つと完全に固まってしまう、という状態になってしまいました。

こうなるともう最終手段のOS再インストールしか無い、となるとデータを残したままのインストールは難しい、ということで再インストールの前にデータのバックアップをしていきます。

 

Ubuntu(Linux)を使い、データを外付けHDDにバックアップ

Windowsは重すぎてファイルのコピーすら厳しそうだったので、USBメモリにUbuntuをインストールし、ノートPCのBIOSから起動ドライブを選ぶことでUbuntuを起動。このとき、BIOSの設定でLegacy USB SupportをONにしないとUSBから起動できませんでした。

WindowsのCドライブのフォーマットはNTFSですが、Ubuntuの初期状態では勝手にマウントしてくれないので、ntfs-3gを使い、コマンドをちょちょいと打って手動でマウントします。

参考 : UbuntuでWindows(NTFS)のHDDをUSB接続する – DACELO SPACE

するとGUIのファイルマネージャにもCドライブ(にあたるドライブ)が現れるので、あとは必要なファイルをGUIでコピー・アンド・ペーストするだけの簡単な作業です。

 

やってから思ったけどWindowsをセーフモードで起動すれば簡単にできたかも

 

せっかくOS再インストールするならついでにHDDからSSDに換装してしまおう

ちょっと古いPCのストレージをHDDからSSDに換装することで、サクサク動作を低コストで実現できるらしい、という話を聞いて、前々から試したかったので、この機会にやってみました。

SSDは大阪日本橋まで行って中古の240GBを買ってきました。

ノートPC(ASUS X550L)の分解はデスクトップPC自作経験者なら目瞑りながらでもできるくらい簡単でしたが、一応手順と写真を載せておきます。

あとはHDDとSSDを入れ替えて逆の手順で元の状態に戻すだけです。

 

Windows 10を新規インストール

別のWindows 10を使ってWindows 10インストールメディア(USBメモリ)を作り、それをUbuntuと同じ要領で起動し、画面の指示に従ってWIndowsをインストールします。

 

無事起動

Windowsが無事起動したらバックアップしたデータをコピーし直してすべての作業完了です。

再インストール前の激重感は完全に無くなり、軽くブラウジングもしてみましたがサクサク動きます。

HDDにWindowsをクリーンインストールした時と起動速度(だいたい)を比較すると、HDD40秒 → SSD15秒!!!!

さらにソフトをインストールしていくにつれ、その差は大きくなっていくので、SSDに換装する価値は十二分にあったと思います。

(速度のベンチマークも取ったはずなんですが、写真撮るの忘れました笑)

 

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥5,789 (2018/11/16 17:36:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Crucial(クルーシャル)
¥9,715 (2018/11/16 17:36:03時点 Amazon調べ-詳細)